2021年に開催無理なら東京オリンピックは中止に?世論の反応は?

2021年に延期された東京オリンピックですが、2021年に開催が無理な場合は中止とする見通しであることが明らかになりました。

今年は、新型コロナの影響でインターハイや甲子園も中止になっています。

残念ながら、来年まで新型コロナの影響が続く可能性もありますよね。

国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長の「2021年に開催無理なら東京オリンピックは中止」という発表に対して、世論はどのように反応したのでしょうか?

この記事では、世論の反応についての情報を紹介していきます。




2021年に開催無理なら東京オリンピックは中止に? 話題のニュース

国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長は20日、英BBCのインタビューの中で、新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪・パラリンピックについて、21年の開催が無理ならば中止とする見通しを示した。

「バックアップの計画はない」とした上で、理由について「組織委員会の3000人から5000人を永久に雇用することはできない」、「毎年世界のスポーツカレンダーを変更することはできない。アスリートに不安を抱かせることはできない」と説明した。また、延期を決める過程の中で、日本の安倍晋三首相が1年の延期を「最後の選択肢」と強調したことを明かした。

一方で来年もソーシャルディスタンス(社会的距離)の制限が必要な場合、無観客での開催も危惧されることについては「それは私たちの望むものではない」と、否定的な立場を示した。(デイリースポーツ 5月21日

2021年に開催無理なら東京オリンピックは中止に? ネットの反応




2021年に開催無理なら東京オリンピックは中止に?世論の反応は? まとめ

2021年に延期された東京オリンピックですが、2021年に開催が無理な場合は中止とする見通しであることが明らかになりました。

国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長の「2021年に開催無理なら東京オリンピックは中止」という発表に対して、「残念だけど、仕方がない」といった意見が多かったです。

ただ、中止になった場合は、開催国が費用を負担することになるそうですが、今回もそのルールが適用されてしまうのでしょうか。

今後の動向が気になります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です