賭けマージャンが話題に!東京高検検事長黒川弘務氏 ステイホーム期間中の3密接待とは?

賭けマージャン

今日、『賭けマージャン』が話題になりました。

東京高検検事長の黒川弘務氏が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」で報じられました。

この報道が事実であれば、ステイホーム期間中の行為であり、最高責任者が民間人と接待賭け麻雀は、明らかな法律違反と職務規定違反となるそうです。

東京高検検事長の黒川弘務氏が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていた情報について紹介していきます。




賭けマージャンが話題に!東京高検検事長黒川弘務氏の話題のニュース

賭けマージャンが話題に!東京高検検事長黒川弘務氏 ステイホーム期間中の3密接待 ネットの反応




賭けマージャンが話題に!東京高検検事長黒川弘務氏 ステイホーム期間中の3密接待とは? まとめ

東京高検検事長の黒川弘務氏が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」で報じられました。

賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題と思われます。

国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されるそうです。

この報道が事実であれば、東京高検検事長の黒川弘務氏は辞任しなければなりませんよね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です